「犬のガンを考える」サイトへようこそ

犬の登録数は1400万頭、猫は1500万頭とも言われています。
ヒトの15歳以下は1100万人。
もう人間の子どもの数よりも動物たちのほうが多く存在します。  

昔、鎖につないでいた「番犬」とは言わない。言わせない。言われない。
「コンパニオンアニマル」(生涯の伴侶)と呼ぶようになっています。  

動物たちを取り巻く環境は実に多様化し、ペットショップにも
インターネットにもたくさんの生活用品が溢れかえっています。
劣悪なペット用品を不幸にも使用してしまい、事故を起こしたり病気に
なってしまうということも少なくありません。  

動物たちも環境の変化により、寿命が延び 生活習慣病 に悩まさ
れています。現代の犬の死因は人間と同じように 「がん」 がトップなのです。
2位は「心疾患」(心不全など)。がんと心臓疾患で死因の60%を超え
ているのです。(朝日新聞記事より)  

ながらく犬の死因で1位だった感染症は今では10%台と推測されています。
われわれは多様化する社会の中で、病気を「未病」の段階で察知する
「最新の検診システム」 の構築と 「代替 (だいたい)医療の普及」
目指しています。


ナース 全国動物病院検索



全国動物病院検索